〒242-0018
神奈川県大和市深見西1-2-17 大和市民活動センター内
お問い合わせはこちら

『神奈川九龍特別編~横浜中華街エリア』

 

神奈川県と言えば「横浜中華街」、「龍」と言えば中国、日本の木彫りの龍「宮彫りの龍」とは異なりますが横浜中華街の龍は、店舗にも門(牌楼)にも、寺院(廟)にも多々あり、中国には欠かせないものです。比較しながら、龍を探す。新しい街歩きを楽しめるのは、ここ神奈川県だけです。

好みの龍を探しながら中華街歩く。横浜中華街を楽しんでください。

其の一 四牌楼(門)・・・東西南北に建てられた門

 

中国の「風水」によって作られた牌楼(ぱいろう)は、中に邪気が入らないように設け、「春夏秋冬」「朝昼暮夜」の色調(青赤白黒)で彩り、方位を司る四獣神(青龍・朱雀・白虎・玄武)据えた。各扁額には、龍が飾られている。

 

1)朝陽門・・・青龍、子々孫々の繁栄を司る。

2)延平門・・・白虎、商売繁盛を司る。

3)朱雀門・・・朱雀、災厄を払う。

4)玄武門・・・玄武、陰気・邪気を払う。

其の二 その他の牌楼(門)

 

横浜中華街には目を引く、色彩豊かな牌楼(門)が沢山ございます。

 

 

1)善隣門・・・中華街の「顔」赤を基調とし金の彫り物が施された華やかな門。

2)西陽門・・・JR石川町駅前にある。中華街の入口を示している。

3)関帝廟道門(天長門)・・・海側

4)関帝廟道門(地久門)・・・山側

5)市場通り門・・・市場通りの両側に門(牌楼)がある。

其の三 関帝廟・・・中華街のシンボル

 

 

世界中で中華街が形成される時、最初に作られるのが「関帝廟」です。

中華街の守護神「関帝」は、三国志の武将、関羽のことで、商売、護国の神として祀られている。

「関帝廟」内はそこかしこに多数の「龍」が施され、日本の龍とは趣が異なる味わいがある

其の四 媽祖廟・・・中国華僑の守り神

 

約千年前の北宋時代に実在していた福建省・林氏の娘。航海安全の守護神として祀られている。

家内安全・安産祈願・無病息災・厄病・自然災害などから護る守護神として祀られている。

 

【龍】・・・現在(H30年)山門修復工事中ですが、年内には新しい山門修復が終わります。 中には多くの龍が存在し、探す楽しみもあります。

其の五 横浜中華街店舗

 

 

中華大通りをはじめとして、メインの関帝廟通り、太平道、広東道、開港道の縦道と上路、 市場通り、香港路などの横道には、店舗の扁額に、龍が施されております。

其の六 九龍陳列窓

延平門から西門通りと入ると、右側にあります。陶板で作られ展示されています。

現在は展示スペースとして活用されています。

 

其の七 その他(横浜中華街龍探し)

横浜中華街には牌楼・廟・店舗以外にも、そこかしこに龍が描かれた物があります。それを探す楽しみもあります。是非、いろいろな龍を探してください。

 

『神奈川九龍特別編~横浜中華街エリア』

■ 神奈川九龍特別編~ 横浜中華街エリアマップ

『神奈川九龍特別編~横浜中華街エリア』龍探しの為に参考にしていただくための地図になります。
下記の地図をプリントアウトして持参して頂くことをお勧めいたします。
※画像をクリック致しますとダウンロードページが開きます。
神奈川九龍特別編~横浜中華街龍さがしマップ.png